生き残った神話――WBC世界バンタム級タイトルマッチ

スポニチアネックス / 2017年8月21日 12時13分

【中出健太郎の血まみれ生活】島津アリーナ京都の記者席は、山中慎介が試合を止められたロープ際の側に設けられていた。すぐ目の前で連打を浴びる姿に、これはストップが入るかもと感じ、大和心トレーナーがリングに飛び込んできたタイミングも早すぎるとは思わなかった。負けるパターンはルイス・ネリの突進に押されて前半のうちにストップと覚悟していたからか、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング