羽生、荒れた演技内容…“雑念”悔やむ「ぐちゃぐちゃになってしまった」

スポニチアネックス / 2017年9月24日 13時37分

フィギュアスケートのオータム・クラシックは23日、カナダ・モントリオールで男子フリーを行い、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(22=ANA)はジャンプでミスが相次ぎ、フリー5位の155・52点、合計268・24で2位に終わった。SP2位のハビエル・フェルナンデス(スペイン)がフリー1位の177・87点、合計279・07点で逆転優勝した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング