歌丸また入院していた…誤嚥性肺炎「今回ばかりは死ぬかと」

スポニチアネックス / 2017年9月25日 7時1分

落語家の桂歌丸(81)が24日、都内で行われた「芸協らくごまつり」の開会式に参加し、誤嚥(ごえん)性肺炎の治療で22日まで横浜市内の病院に入院していたことを明かした。関係者によると、歌丸は12日午前3時ごろ、自宅で突然呼吸困難の状態になり、救急搬送されたという。同日出演予定だった東京・新宿の寄席を休演。治療を受け症状は回復したものの、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング