清宮 ドラフト指名後初の公の場で“所信表明”「スタートラインに立った」

スポニチアネックス / 2017年11月6日 8時31分

日本ハムにドラフト1位指名された早実の清宮幸太郎内野手(18)が5日、都内で行われた東京都高野連主催の特別表彰式に出席した。10月26日のドラフト会議当日の会見後、初めて公の場に姿を見せた清宮は9月の「U―18ワールドカップ」(W杯)で銅メダル獲得に貢献し、同じく代表入りしたDeNAの5位で日大三の桜井周斗投手(18)らとともにトロフィーを受け取った。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング