15年以上も「マツイとイチロー」…大谷に変えてほしいMLB「日本の打者」の基準

スポニチアネックス / 2017年11月13日 12時3分

15年以上も停滞する時間を動かしてほしいと思う。日本ハムの大谷翔平選手のメジャー移籍表明会見を見て、そう思った。大谷は米国でも二刀流の可能性を追うと話してくれたからだ。160キロを超える速球を投げる投手の方は、すでにメジャーでも期待を込めた評価を得ていると推測する。では、打者としてはどうなのだろう。交渉過程でどれほどの球団が「打者・大谷」を見てくれているだろうか。以前にもスポニチ「十字路」で紹介したが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング