大相撲九州場所4日目が15日、福岡国際センターで行われ、白鵬がスカウトした炎鵬(宮城野部屋)が幕下初白星に笑顔を見せた。体格で上回る白鷹山のまわしをクッと一瞬で右で引き、土俵にはわせる技ありの勝利。序の口から3場所連続優勝を果たしたが、常幸龍に初日敗れてデビューからの連勝が21で止まった。プレッシャーを感じていたようで「負けてホッとした」という。フェイントを入れて懐に潜り込む立ち合いが特長だったが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング