“本命”ヤンキース 大谷獲得の契約金限度額増 若手2選手放出

スポニチアネックス / 2017年11月22日 7時1分

ヤンキースがポスティングシステムでメジャー移籍を目指す日本ハム・大谷の“獲得資金”を増やした。マーリンズとの交換トレードで若手2選手を放出し、マイナー選手と、ドラフト対象外の25歳未満の外国人選手に対する契約金(最大575万ドル=約6億5000万円)の枠を25万ドル獲得。限度額を350万ドル(約3億9600万円)に増やした。大谷は23歳で同ルールの対象となっている。限度額の1位はレンジャーズの353万5000ドル(約3億9900万円)でヤ軍は依然、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング