写真

グランプリファイナル公式練習中に笑顔を見せる宇野昌磨

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは7日、愛知・名古屋市ガイシプラザで開幕し、男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨(19=トヨタ自動車)は101・51点をマークして2位発進した。ネイサン・チェン(18=アメリカ)が103・32点で首位に立った。宇野は冒頭の4回転フリップを鮮やか着氷。中盤の4回転トーループ―トーループ3回転のコンビネーションも見事に決めたが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング