西武・炭谷 初の高卒プロ野球選手会会長に気合 だからこその役割あり

スポニチアネックス / 2017年12月8日 8時15分

労働組合・日本プロ野球選手会は7日、大阪市内のホテルで定期大会を開き、嶋基宏会長(32=楽天)に代わる第9代の新選手会長に西武・炭谷銀仁朗捕手(30)を選出した。任期は1年ごとの更新。高卒では歴代初の会長就任となり、球界の4割以上を占める高卒選手の意見の受け皿となることも期待される。プロ入り12年目。高卒たたき上げの新選手会長が誕生した。定期大会後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング