小関に“裏拳”浴びた後輩「口が開かない」平井氏が詳細明かす

スポニチアネックス / 2018年1月14日 7時3分

日本水泳連盟が行った昨年11~12月のスペイン合宿で、五輪メダル候補の小関也朱篤(やすひろ、25)から“裏拳”などの暴行を受けた後輩選手が「まじ(顎が)痛くて口が開かない」と周囲に漏らしていたことが13日、分かった。発端は後輩選手が一緒に担当するはずの炊事に遅れてきたこと。同連盟の平井伯昌競泳委員長によると、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング