写真

初場所の土俵祭りの前に緊張した面持ちの(左から)稀勢の里、白鵬、鶴竜

大相撲初場所が14日に初日を迎えた。通常、初場所は7日から13日の間に幕を開ける。今年は1週間遅くなったことで、平成では最も遅い初日となった。力士にとっては冬巡業を終えた後の日程がタイトではなくなったため、余裕を持って調整できたのではないか。結果的に、出場が微妙な状況とみられていた稀勢の里、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング