混合ダブルス世界一ペアが準決勝で敗退 佳純「弱気になってしまった」

スポニチアネックス / 2018年1月18日 11時39分

◇卓球全日本選手権第4日(2018年1月18日東京体育館)混合ダブルスで17年世界選手権を制した吉村真晴(名古屋ダイハツ)石川佳純(全農)組は、準決勝で軽部隆介(シチズン時計)松本優希(サンリツ)組に1―3で敗れた。第1ゲームは奪ったものの、そこから3ゲーム連取され3年ぶりの日本一には届かず。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング