写真

高梨のインソールについて説明する山脇健一さん

◇平昌冬季五輪ジャンプ女子個人ノーマルヒルジャンプのエネルギーの発射口は助走路と接地する足裏の両面。だからこそ高梨は風呂上がりに保湿オイルを塗り、アップ中にもゴルフボールでマッサージをするなど足裏の感覚を大事にしてきた。踏み切りでの力感不足に悩んでいた昨年末、札幌にある靴と中敷きの専門店「ボアネージュ」を2年ぶりに訪れた。同店代表の山脇健一さん(59)に「前より少しアーチ(土踏まずの盛り上がり)を強く支えるようにしてほしい」とリクエスト。山脇さんは以前メーカーに勤務し、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング