写真

平野歩夢のリハビリを支えた近良明院長(右)と土田篤史トレーナー

◇平昌冬季五輪スノーボード男子ハープパイプ決勝(2018年2月14日)この4年間の平野はトレーニングに励み食事にも気を使うようになった。「楽しいより苦しいことの方が上回っている」と言うようにアスリートとしてスノーボードに向き合ってきた。新潟市にある「こん整形外科クリニック」の近良明院長(50)もその変化を感じた1人。ソチ五輪直前、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング