女子団体追い抜き 日本は五輪新で金 高木美は日本女子初の金銀銅獲得

スポニチアネックス / 2018年2月21日 22時3分

◇平昌五輪スピードスケート女子団体追い抜き決勝日本―オランダ(2018年2月21日江陵オーバル)平昌五輪は21日、スピードスケートの女子団体追い抜き決勝が行われ、日本は五輪新記録の2分53秒89でオランダを下し、同種目初の金メダルを獲得した。高木美帆(23=日体大助手)は1500メートル銀、1000メートル銅と合わせ冬、夏季五輪を通じて日本女子選手史上初となる同一大会での金、銀、銅メダル獲得の偉業となった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング