湯浅直樹 バランス崩し首位と5秒17差 ストック叩きつけ悔しさ

スポニチアネックス / 2018年2月22日 11時5分

◇平昌五輪アルペン男子回転(2018年2月22日)平昌五輪は22日、アルペンの男子回転を行い、2大会連続3度目の五輪出場となる湯浅直樹(34=スポーツアルペンク)は1回目の滑走で、首位と5秒17差の52秒89をマークし、36位で午後の2本目に進んだ。27番目スタートの湯浅は、序盤からライン取りを意識ながら慎重に滑っていたが、途中でスキーをコースに取られてバランスを崩した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング