限局性腹膜炎で入院の清宮 最悪手術も 数日で方向性見える

スポニチアネックス / 2018年3月14日 7時2分

【医師の見解】福田伴男院長(横浜市・福田医院)普通ならば、腹腔(腹部の内腔。内部に肝臓・胃・腸など)は膜で覆われているので、細菌が入ることはない。盲腸が破れて腹腔の中にばい菌が入ることなどがあるが、検査でどこから入ったのかを調べているところでしょう。2月下旬に急性胃腸炎になったと聞いた。腸の問題から波及した可能性はある。関係性は不明だが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング