原辰徳氏、高校野球に「DH制」提言 激闘を回想「甲子園は最高の舞台」

スポニチアネックス / 2018年3月14日 10時42分

◇第47回選抜大会決勝東海大相模5―10高知(1975年4月6日甲子園)【センバツ群像今ありて~第1章~(8)】東海大相模(神奈川)の原辰徳内野手(前巨人監督)は甲子園新時代に現れたスターだった。金属バットが初採用された1974年夏に1年生でデビュー。翌75年の第47回選抜大会は決勝で杉村繁内野手(現ヤクルト巡回コーチ)の高知(高知)と激戦を繰り広げた。4度の聖地で最高の準優勝となった春の記憶、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング