日大会見は0点以下 危機管理専門家、司会者に苦言「前例ないぐらいひどい」

スポニチアネックス / 2018年5月25日 8時23分

日大選手による反則タックル問題で、日大アメリカンフットボール部の内田正人前監督と井上奨(つとむ)コーチが行った緊急会見から一夜明けた24日、前監督の応対や、司会者の進行方法などに批判の声が上がった。危機管理の専門家からは「マイナスポイントしかない」と厳しい指摘が出た。問題発覚後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング