ジャイアンツ痛手 正三塁手ロンゴリアが死球で左手骨折 長期離脱か

スポニチアネックス / 2018年6月15日 9時52分

ジャイアンツのエバン・ロンゴリア内野手(32)が14日のマーリンズ戦で左手に死球を受け、その後の検査で第5中手骨の骨折が判明した。ロンゴリアはこの試合に「5番・三塁」で先発出場。4回の第2打席でマーリンズの先発・ストレイリーから死球を受け、その裏の守備からベンチへ退いた。故障者リストに入り、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング