松坂 背部の軽度の捻挫と診断 17日古巣・西武戦で登板回避で登録抹消

スポニチアネックス / 2018年6月18日 15時55分

中日は18日、17日の古巣・西武との交流戦(メットライフドーム)の先発登板を緊急回避した中日・松坂大輔投手(37)が横浜市内の病院で検査を受けた結果、背部の軽度の捻挫と診断されたと発表した。トレーニングについては、今後の様子をみて行う予定だという。この日、松坂は登録を抹消され、再登録は6月28以降となる。松坂は17日の西武戦で先発する予定だったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング