「やりましたね」「おお」 日大アメフト部悪質タックル問題で新事実

スポニチアネックス / 2018年6月29日 16時17分

日大アメリカンフットボール部による悪質な反則問題を調査している日大の第三者委員会は29日、東京都内で中間報告を発表し、守備選手の危険なタックルについて内田正人前監督、井上奨前コーチの指示で行われたと認定した。中間報告書の中では、当該選手が危険なタックルを行った直後の内田前監督、井上前コーチの生々しいやりとりも明らかにされた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング