香取慎吾 パリで自身初の個展「まさか、驚いている」、首相からも激励

スポニチアネックス / 2018年7月2日 18時28分

日本文化・芸術の祭典「ジャポニスム2018」のオープニングを祝う「ジャポニスム2018出陣祝賀会」が2日、都内で行われ、広報大使を務める元SMAPの香取慎吾(41)が登壇。パリで開かれることが決まった自身初の個展について心境を語った。同イベントはフランスのパリを中心に行われる日本文化の魅力を世界に発信する今世紀最大規模の祭典。日本政府の代表として冒頭にあいさつした安倍晋三首相(63)は「今までにないスケールで日本の文化を発信する歴史的な祭典になろうとしています。日本外交に柱を打ち立てる一大事業であります」と言葉に力を込め、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング