貴景勝単独トップ 八角理事長も評価「余裕がある。努力の証」

スポニチアネックス / 2018年11月16日 19時15分

◇大相撲九州場所6日目(2018年11月16日福岡国際センター)小結・貴景勝が魁聖を突き落しで破り、全勝を守った。5日目まで並んでいた栃煌山が錦木に敗れ単独トップに立った。八角理事長(元横綱・北勝海)は「やっぱり前に出る圧力がついているから余裕を持ってさばける。いっぺんに(相手を土俵の外に)持っていけなくても慌てない。余裕がある」と評価した。元貴乃花親方の退職で今場所から千賀ノ浦部屋に移籍し環境が変わったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング