オリ金子 自由契約を選択も 5億円減提示受けるも条件面には「大してこだわりはない」

スポニチアネックス / 2018年11月21日 20時30分

オリックスの金子千尋投手(35)が21日、大阪・舞洲の球団施設で取材に応じ、自由契約を選択する可能性を明かした。金子の今季年俸は5億円とされていたが、この日までに6億円だったことが判明。既に球団からは野球協約上の減額制限(年俸1億円超の選手は40%)を大幅に超えるプロ野球史上最大の5億円減となる年俸1億円のダウン提示を受けている。金子は「条件には大してこだわりはない」との前提で「自分がどういう目標に向かって残りの現役生活を進めていくかを考えた時、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング