古市憲寿氏 初小説の芥川賞候補入りに「いろんな人がムカついてると思う」

スポニチアネックス / 2018年12月17日 8時7分

社会学者の古市憲寿氏(33)が17日放送のフジテレビ「とくダネ!」(月~金曜前8・00)に出演。著書の小説「平成くん、さようなら」が第160回芥川賞(日本文学振興会主催)の候補になったことについて「いろんな人がムカついてると思うんですよ。なんで古市が候補なんだって。そういう人は逆にほかの候補作が面白いんで読んでいただいて賞が盛り上がれば」と話した。同作は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング