写真

甲子園の室内練習場で自主トレを公開した能見(撮影・大森 寛明)

阪神・能見篤史投手(39)が11日、甲子園球場の室内練習場での自主トレーニングを公開し、「40代での歴代最多登板の更新」、「中継ぎでは球界最年長でのタイトル獲得」という2大偉業で世の“アラフォー世代”に勇気を与える熱投を誓った。来年5月で40歳を迎えても衰えとは無縁。猛虎を14年ぶりの優勝へと導くフル回転を期した。キャッチボールでの力強い球筋、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング