巻、熊本市内で引退会見「サッカーは僕の人生のすべて」 

スポニチアネックス / 2019年1月17日 7時2分

元日本代表FWでJ3熊本の巻誠一郎(38)が16日、熊本市内で引退会見し、「人間性、社会性、全てがサッカーを通して培われたので、サッカーは僕の人生の全て」と感慨深げに語った。16年間のプロ生活を全力で走り抜けた巻に涙はなく、終始笑顔。引退を決断した一番の理由を、昨季、降格圏で苦しむチームの中で「自身の影響力を発揮できなかった」こととした。「人並みのサッカー選手に育ててくれたオシム監督」ら指導者との出会いに感謝し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング