谷川浩司九段 都成竜馬五段との師弟対決制し王位戦挑戦者決定リーグへ進出

スポニチアネックス / 2019年1月18日 20時23分

将棋の谷川浩司九段(56)が18日、大阪市内の関西将棋会館で行われた王位戦予選のブロック別決勝で弟子の都成竜馬五段(29)と対戦し、105手で勝利した。2人の公式戦での対局はこれが初めて。勝った谷川は挑戦者決定リーグへの進出を決めた。都成は谷川の唯一の弟子として知られ、2016年4月に年齢制限ぎりぎりでプロ棋士となる四段に昇段。今年3月には五段となった。まだ奨励会三段時代に新人王戦に優勝したり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング