大関獲りの貴景勝 秋場所以来の連敗で4敗目 八角理事長「そんなに甘くない」

スポニチアネックス / 2019年3月21日 19時40分

◇大相撲春場所12目(2019年3月21日エディオンアリーナ大阪)大関獲りを狙う関脇・貴景勝が埼玉栄高の先輩・豪栄道に敗れ4敗目を喫した。大関に立ち合いの当たりを止められ押し込まれる。前に出ようとして、足がそろったところをはたかれバッタリ。大関獲りの重圧が出てきたのか、いつもの出足の力強さが見られなかった。八角理事長(元横綱・北勝海)は「豪栄道が良かったということ。(立ち合いの)いい当たりができた。明日(の白鵬戦に)につながるいい立ち合いができたということ」と大関の完勝を認めた。一方で貴景勝は昨年の秋場所以来の連敗。大関昇進の目安は直近3場所通算33勝。あと1勝でノルマに届くが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング