森保監督不在のU22代表、初戦で8発圧勝 2年後鹿島入り内定の上田、途中出場から25分でハット

スポニチアネックス / 2019年3月22日 19時36分

来年1月にタイで行われるU―23アジア選手権の予選が22日、ミャンマーのヤンゴンで行われ、横内昭展監督代行(51)率いるU―22日本代表は初戦でマカオと対戦。前半を0―0で折り返しながら、後半投入のFW上田綺世(20=法大)が出場から25分間でハットトリックを達成する活躍を見せ、8―0と大差で勝って白星スタートを切った。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング