阪神・岩田、564日ぶり1勝 泥臭く118球完投 「杉内師匠」の魂乗り移った

スポニチアネックス / 2019年4月19日 5時43分

◇セ・リーグ阪神13―5ヤクルト(2019年4月18日神宮)復活星や!阪神の岩田稔投手(35)が18日のヤクルト戦(神宮)で今季初登板。9安打5失点と粘りの投球で17年10月1日の巨人戦以来564日ぶりの勝利を挙げた。完投勝利は15年6月16日の日本ハム戦以来、実に1402日ぶりだ。2軍スタートを強いられたプロ14年目の今季。神宮に駆けつけたファンに向かって両手を高々と掲げ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング