佳純と組んで混合ダブルス3大会連続メダル確定 吉村真晴が流した涙のわけ

スポニチアネックス / 2019年4月25日 6時52分

◇卓球世界選手権個人戦第4日(2019年4月24日ハンガリー・ブダベスト)流した涙は、背負っていたものの大きさを表していた。混合ダブルス準々決勝に勝った吉村真晴(25=名古屋やダイハツ)が取材エリアで声を詰まらせた。「僕は1度代表から外れているし、こういう場を与えてくれた卓球協会に感謝したい。(勝利後の喜びは)期待に応えたかったという気持ちの表れです」3位決定戦がないため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング