白鵬の師匠・宮城野親方 処分受け「次やったら白鵬が今までつくり上げてきたもの全てがなくなる」

スポニチアネックス / 2019年4月25日 16時48分

大相撲春場所の優勝インタビューの際に三本締めをして日本相撲協会からけん責処分を受けた横綱・白鵬(34)の師匠、宮城野親方(元幕内・竹葉山)が25日、東京都墨田区の宮城野部屋で取材に応じ、「全部自分の責任。私の教え方が悪かった。はっきりと言えば良かった。もう二度とないし、あったらもうないと分かっていると思う。何もなくなる。名誉も何もない。白鵬が今までつくり上げてきたもの全てがなくなる」などと心境を語った。監督責任を問われ弟子よりも重い報酬減額「3カ月間、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング