ドイツ組撃破の石川・吉村組が銀以上確定 さあ60年ぶり快挙まであと1つ

スポニチアネックス / 2019年4月26日 3時58分

◇卓球世界選手権個人戦第5日(2019年4月25日ハンガリー・ブダベスト)混合ダブルス準決勝があり、前回優勝の石川佳純(26=全農)・吉村真晴(25=名古屋ダイハツ)組が、ドイツのペトリサ・ソルヤ(25)パトリック・フランツィスカ(26)組に4―1で勝利し、26日の決勝に進出した。11―9、11―6、11―6、5―11、11―6だった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング