志らく、弟子たちが謝罪も「破門にするか前座に降格するか」

スポニチアネックス / 2019年5月20日 13時12分

落語家の立川志らくが20日、自身のツイッターを更新。自らが主宰する劇団の芝居の稽古に1度も見学に来なかった弟子たちについて「全員、破門にするか前座に降格するか」とつづった。前日19日のツイッターで、過去にも同じことがあったこととし「時代は繰り返す。二つ目になったばかりの弟子が一度も来ない。破門にするか。落語家として可能性がないと判断する」とツイート。弟子たちが謝りに来たり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング