写真

<日・広2>吉田輝は5回1失点で、勝利投手の権利を得て降板(撮影・高橋茂夫)

◇交流戦日本ハム2―1広島(2019年6月12日札幌D)昨夏の甲子園で秋田県勢を103年ぶりの準優勝を果たし「金足農フィーバー」を巻き起こした日本ハムのドラフト1位・吉田輝星投手(18)が12日、札幌ドームで行われた広島戦でプロ初登板初先発。5回4安打1失点と力投し、21世紀生まれ初のプロ初登板初勝利を飾った。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング