吉田輝星のデビュー戦勝利は「脚本家」栗山監督なくしては語れない

スポニチアネックス / 2019年6月13日 11時33分

肝の据わったルーキーだ。日本ハムのドラフト1位・吉田輝星が12日の広島戦で5回1失点に抑え、デビュー戦をプロ初勝利で飾った。2軍で5回を投げていなかったにもかかわらず、勝利投手の権利を得たことが驚き。さらに、初回1死満塁のピンチを切り抜けたことも驚きだった。一気に崩れてもおかしくない場面。本人いわく、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング