西武・山川、歴史に残る大砲へ 日本人は過去わずか6人…挑む「10.00」の壁

スポニチアネックス / 2019年6月18日 9時4分

【データプラス】西武の山川穂高内野手(27)は17日現在、両リーグ最多の25本塁打をマーク。今回のデータプラスは成長を続ける若き大砲に注目する。47ホーマーで初の本塁打王に輝いた昨季に続き、今季も本塁打王レースのトップを快走している。チームはここまで64試合を消化。昨季の同試合消化時の本塁打数は18本となっており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング