やっぱりサイクル安打は結果の産物 “狙って単打”は至難の業

スポニチアネックス / 2019年6月18日 12時8分

13日(日本時間14日)のレイズ戦でエンゼルス・大谷が、日本人メジャー・リーガーで史上初となるサイクル安打を達成した。多くの日本人選手が「王手」をかけてきたが、シーズンで最も快挙に近づいた男がいる。2007年7月のオリオールズ戦に出場したホワイトソックス・井口資仁だ。「最後の打席は無理に打ちに行けばライト前ヒットにはできる球だった」。現在、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング