中日“2度打ち疑惑”巡り意見書提出へ 加藤球団代表「審判が独自にリプレー検証するべき」

スポニチアネックス / 2019年6月20日 5時42分

◇交流戦中日2―5西武(2019年6月19日ナゴヤD)中日・加藤宏幸球団代表が「2度打ち」疑惑をめぐり、意見書を出すことを明かした。2―2の9回無死一塁で外崎の犠打がバットに2度当たったように見えたため、与田監督が審判団と協議。だが、審判団は2度打ちを否定し、リクエストの対象外プレーのため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング