阪神・矢野監督 ベンチで木浪に“公開説教” 消極的走塁で好機逸す

スポニチアネックス / 2019年6月20日 21時4分

◇交流戦阪神―楽天(2019年6月20日甲子園)阪神が絶好のチャンスを逃した。1点を追う8回。先頭・木浪と代打・福留の連打で無死一、三塁まで攻め込み、楽天先発・石橋をマウンドから引きずり降ろした。問題はここからだった。続く近本が三塁への高いバウンドのゴロを放ったが、三塁走者の木浪はスタートを切れず。タイミング的にセーフの可能性は十分あり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング