大谷 手術後初297日ぶりにブルペンで投球練習「懐かしかった 楽しかった」

スポニチアネックス / 2019年6月27日 6時42分

エンゼルスの大谷翔平投手(24)が26日(日本時間27日)、本拠地でのレッズ戦前に昨年10月1日に受けた右肘じん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)以来、初めてブルペンに入って投球練習を行い「気持ち良く投げられたなと思います。明日、どのくらい(右肘が)張るのかなとか。そんな感じかなとは思います」と振り返った。術後約9カ月。エンゼルスタジアムのブルペンでワインドアップから捕手を立たせ20球、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング