阪神・原口、奇跡の球宴弾 9回代打で虎捕手47年ぶり、「感謝の気持ち」勇気届ける敢闘賞

スポニチアネックス / 2019年7月13日 5時37分

◇マイナビオールスターゲーム2019第1戦全セ3-6全パ(2019年7月12日東京D)1月の大腸がん手術から復活を果たし3年ぶりの球宴出場を果たした阪神の原口文仁捕手(27)が、初本塁打を放った。9回に代打出場しオリックス・山本から左中間に2ランを運んだ。阪神の捕手が球宴で本塁打を記録するのは1972年田淵幸一以来、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング