写真

9回2死一塁、代打・原口は2ランを放ち、スタンドに手を振る(撮影・森沢裕)

◇マイナビオールスターゲーム2019第1戦全セ3-6全パ(2019年7月12日東京D)1月の大腸がん手術から復活を果たし3年ぶりの球宴出場を果たした阪神の原口文仁捕手(27)が、初本塁打を放った。9回に代打出場しオリックス・山本から左中間に2ランを運んだ。阪神の捕手が球宴で本塁打を記録するのは1972年田淵幸一以来、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング