“報復死球”でエンゼルス・オースマス監督とラミレスを処分

スポニチアネックス / 2019年7月18日 7時47分

大リーグ機構(MLB)は17日(日本時間18日)、エンゼルスのブラッド・オースマス監督(50)に1試合の出場停止処分と罰金、ノエ・ラミレス投手(29)に3試合の出場停止処分と罰金を科したと発表した。前日16日の同戦で、ラミレス投手がマリズニクの肩へ死球を与え、両軍は一触即発の雰囲気に。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング