【吉本興業 経過説明全文】会見中継は「株主には放送局もおり公平期した配慮必要」と説明

スポニチアネックス / 2019年7月22日 14時28分

所属タレントらが特殊詐欺グループとの間に行った闇営業に発する一連の騒動で、吉本興業が22日午後2時から東京都新宿区内で問題発覚後初めて記者会見を開いた。会見の場では、まず弁護士のブリーフィングから始まった。取材陣にはA4判の紙3枚を配布。5月30日に「雨上がり決死隊」の宮迫博之(49)が「FRIDAY」の直撃取材を受けてから7月19日に契約解消を発表するまでの経過を説明した。A4判の紙3枚の資料内容は以下の通り。<時系列まとめ>2019/5/30宮迫氏にフライデー第一報2019/6/3フライデーから質問状を受領。タレントー斉ヒアリング・ギャラはお車代として入江氏が受領、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング