大船渡 2試合連続延長戦制す 163キロ右腕・佐々木朗希温存で4強入り

スポニチアネックス / 2019年7月22日 15時32分

◇第101回全国高校野球選手権岩手大会準々決勝大船渡6―4久慈(2019年7月22日岩手県営球場)第101回全国高校野球選手権の岩手大会は22日、準々決勝が行われ、今秋ドラフトの超目玉、注目の163キロ右腕の佐々木朗希(3年)を擁する大船渡は延長11回に2点を勝ち越して6ー4で久慈下し準決勝に駒を進めた。前日の4回戦(4―2盛岡四)で延長12回完投、21奪三振の力投で194球を投げた佐々木は先発を回避。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング