【東東京】上野学園ノーシードから初4強 小川監督男泣き

スポニチアネックス / 2019年7月23日 5時35分

◇第101回全国高校野球選手権東東京大会準々決勝上野学園3―1修徳(2019年7月22日神宮)上野学園はノーシードからの進撃で初の4強入り。修徳を逆転で破り、小川貴智監督は「非常にうれしい。感動した」と男泣きした。18日の3回戦から3日連続で登板していたエース赤坂は「むちゃかもしれないけれど僕投げます」と志願し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング