大橋 上位争い絡めず…失格追い打ちショックで涙

スポニチアネックス / 2019年7月23日 5時39分

◇水泳世界選手権第11日(2019年7月22日韓国・光州)競泳の女子200メートル個人メドレー決勝で、大橋悠依(23=イトマン東進)がまさかの失格に終わった。6番手でゴールしたが、日本水連によると背泳ぎから平泳ぎへのターン直後に違反があったという。大本里佳(22=イトマンSS)は2分9秒32で5位。男子100メートル平泳ぎ決勝では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング