巨人・原監督、力投の山口に「見事」 継投ミスの責任痛感「俊に申し訳ないことをした」

スポニチアネックス / 2019年7月23日 21時55分

◇セ・リーグ巨人6―5ヤクルト(2019年7月23日京セラD)巨人は代打・重信のサヨナラ打で連敗をストップ。原監督は「バントも(選択肢として)あったが、思い切って打力に懸けた。見事に応えてくれた」と4年目の若武者を称賛した。初回に4点を先行しながらも、終盤に同点に追いつかれる試合展開に「非常に嫌な流れだった」とコメント。「9回に中川がつないでくれたことが良かった」と2死満塁の大ピンチをしのいだ守護神・中川を勝因の一つに挙げた。7回2/3を4安打投球の先発・山口についても「見事」と称賛。降板直後に2番手・デラロサが青木に同点3ランを被弾したため、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング